債務整理の基本的な流れ

借金の返済が不可能になってしまった場合、まず債務整理を専門に扱っている法律事務所に相談するようにしましょう。

流れとしては、借金問題に詳しい事務所を探すことから始めてください。司法書士や弁護士も専門分野がありますので、なるべく適材適所の方が良いです。その方が実績と経験がありますので、依頼者の希望通りになりやすい傾向があります。そして司法書士や弁護士と面談することになり、今後の流れが決まっていきます。債務整理にもいろんな種類があり、その選び方は債務者の借金の程度や保証人の有無によって変わってきますので、自分が納得した債務整理を選ぶようにしてください。

またメリットとして借金が減額、もしくはすべてなくなることもありますが、その分デメリットもあります。たとえば保証人が存在している場合、放棄したすべての債務が保証人に行ってしまい苦しめることになりますので、そのようなことがないように保証人と話を付けたり、または違う債務整理を検討する方法になるでしょう。債務整理の方向性が決まったら本格的に借金の整理に向けて流れが動き始めます。

債権者や裁判所に出向くこともありますが、司法書士や弁護士が指示をしてくれますので、その通りに従ってください。ここまでくれば債務者がすることは少ないですので、あとは専門家に任せることになります。交渉や裁判がうまくいかない時は長期化することもありますが、整理を始めたときから返済の催促が止みますのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *