交通事故の示談内容に納得できないときは弁護士に

交通事故が起きた際、加害者の保険会社が提示した示談金の金額が低いことがあります。

保険会社は裁判所基準よりも低い独自の基準に基づいて示談金を決定しています。保険会社はなるべく示談金を払いたくないですから、金額が低くなるのは当然です。ですので、保険会社に言われるがまま提示された示談金の額で示談に応じてしまうと不利益を被ることがあります。しかし、保険会社が提示して示談金の額にもよりますが、弁護士に交渉を依頼することでこの示談金の額が増額になる可能性があります。交通事故に詳しい弁護士に依頼することで、保険会社が提示してきた示談案を詳しく確認し、適切な示談内容にするよう保険会社と交渉をしてもらえます。

裁判所基準を基にして交渉をしてもらえるので示談金の金額が平均で2倍、人によっては3倍にまで増額が見込めます。また、交通事故でけがをして入院や通院で時間的・体力的な余裕がなかったり、相手とのコミュニケーションがなかなか取れず、精神的にも疲弊することがあります。そういった中で適切な示談金額を決定するのはとても難しいです。

交通事故の扱いになれている弁護士に依頼することでこういった状況でもきちんと適切な示談内容にすることができるので、心理的・体力的な疲弊を回避することができます。弁護士に依頼するかどうか悩んでいるときは、弁護士の無料相談を受けることができます。一度相談をしてから正式に依頼することを決められてはどうでしょうか。
離婚調停の弁護士のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *