交通事故で弁護士へ上手に相談するために

交通事故に遭ってしまった場合、基本的には加入している保険会社の担当者と賠償等の話し合いを進めていきます。

しかし、時にはうまく話し合いが進まない場合もあります。では、どんな時に弁護士に相談するのが良いのでしょうか。上手に交渉を進めていくためにも、弁護士に相談する目安や注意点をご紹介します。まず、交通事故の賠償問題を依頼する目安として、「通院期間が6か月以上、あるいは後遺障害14級以上」が基準となります。理由としては、支払う報酬を差し引いても、依頼したことで受け取る金額が増額する可能性があるからです。

しかし、加入している保険に弁護士特約がついている場合は、この限りではありません。多くの保険会社が1回の事故で依頼費用を300万円まで補償されるため、本人の負担なく利用できることがほとんどとなります。しかし、注意も必要です。注意点は大きく分けて報酬金額と専門性になります。報酬金額は、獲得した賠償金額から割合を出す場合と、もともと保険会社から提示された額より増額した金額から割合を出す場合があります。

獲得した賠償金額から割合が計算されてしまうと、多額になる可能性があるため、注意が必要です。また、交通事故についてあまり専門的ではない弁護士に依頼してしまった場合、賠償金額に大きな差が出てしまうことも多くあります。賠償問題で相談を依頼する場合には、必ず交通事故を専門分野として取り扱っている弁護士に依頼することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *