交通事故の被害者になったらまずは弁護士に相談

交通事故になった場合には様々な問題が生じてしまいます。

被害者になった場合ですと、相手の保険会社の担当者に対して示談交渉もしなければならないですので本当にしんどい状況になるでしょう。それだけではなく加害者が任意保険に入っているのでしたら、治療費について加害者の方が支払ってくれるのですの。正確に言えば任意保険会社が支払ってくれるのですが、どんな事故だったのか、怪我はどんな状況か次第で、事故に遭遇してから半年ぐらいで治療費について支払いを一方的にストップされる事も珍しくありません。

この支払がストップされる場合は、保険会社が勝手に決められる物では無いので注意をする必要があるでしょう。ただしストップをされたとしても、自分で治療費を支払い続けて病院に通っているのでしたら、交通事故と関係ある物でしたら治療費を請求することが出来るのです。ただ事故と関係あるのかどうかはなかなか判断が難しいので、自分で交渉をしようとしてもなかなか保険会社が認めてくれないことがほとんどと言えるでしょう。

その場合には弁護士に相談をするのが良いかもしれません。勝手に支払いをストップされたとしても、弁護士に相談をすれば再びきちんと支払って貰える可能性が出て来るのです。さらに交通事故の後遺障害が起こってしまった場合ですと、後遺障害の認定を受けることが出来るのです。ただし後遺症診断書が必要になるのですが、書き方次第で認められない事もありますので、その場合も弁護士に相談をするのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *