交通事故の示談の事は弁護士に相談

交通事故の被害者になったならば、まずは弁護士に相談するのが良いでしょう。

まず交通事故の被害者でも加害者の立場でも問題になるのが示談の事です。様々な条件に関してお互いに折り合わないケースもあります。そればかりでは無く、相手が開き直ってしまったり、示談交渉をしない事も考えられるのです。そもそも示談は交通事故の場合で、賠償金の問題を当事者同士で解決する為に話をする事と言えるでしょう。この場合、被害者は加害者に対して賠償金を請求する事が出来るのですが、するかどうかは当事者の自由ですし話し合いをしてもしなくても良いと言えます。

ただ何もしなければ実は賠償請求が出来る権利は三年を経過すれば消えてしまうのです。もしひき逃げ等の加害者が不明瞭な場合ですと、加害者が分かってからの三年か、事故が起きた時から二十年となり短い方の適用が成されます。後遺症が起きてしまった場合ですと、発症してから医師の診断書が出て三年まで請求する権利があるのです。

しかし時効に関してですが中断をする事も出来ます。要件を揃えられたら、経過した時効の期間をリセットして最初からやり直す事が可能なのです。中断に該当出来る物として、加害者が賠償責任を認知した場合が当てはまるでしょう。例えば治療費等を先に払う事も該当するのです。示談をどうするかどうか、交渉事が苦手だという方は弁護士に丸投げする方法もあるでしょう。弁護士に頼る事によって問題を簡単に解決する事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *